QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安らかな顔で旅立ったまめ蔵


長い長い、とっても長い夏の15日間がこれで終わりました。
まるで数ヶ月間にも亘る物語のようでもありました。


8月24日の19:30ころ、まめ蔵は私達に看取られながら永眠いたしました。
120824-1



これでもう、ヤツは大発作の恐怖からから開放されたので、とっても寂しくて悲しいですが、これでよかったのだと思います。


5月の大発作の後の奇跡的な復活、そしてその後2ヶ月間の「神様から頂いたおまけの時間」。
いっぱいお肉を食べて、自然公園でいっぱい遊んで、彼との時間をとにかく大切に過したお陰で、とても充実していました。

そして、「ぼく、先に行ってるね~」と天国へ旅立って行きました。
120824-2


脳のトラブルがあまりにも深刻になってしまったのですが、集中治療中で死の1週間前に行った血液検査は、ほぼ完璧な内容といっていいくらいだと思います。
これまでやってきた内蔵のケアは、これで良かったのだと自身を持ちたいと思います。
ボディはまだまだ丈夫なのに、脳のトラブルということが悔しいです。


非常に重度の癲癇発作の繰り返しにより、癲癇発作を抑えることができた後は、水と食べ物以外の殆どのものへの認知ができない状態にまでなってしまっていました。

しかし、一番最後に深い眠りに付く前に、私の言葉に我に帰ったように私の目をじ~っとヤツは見つめていました。
そして、ヤツが安心したように眠りに着くときに、ヤツは涙を流していました。
最期にお互いを認識できて、別れを認識できたものだと信じています。

最期は、とっても安らかな顔で息を引き取りました。
旅立つ前の殆どの時間、私達への認識は無いとは思いますが、2時間ほどヤツと戯れることができたことは、最高の時間だったと思います。


優しくて、明るくて、そしてとっても賢くて、駄犬でしたが、私の自慢の相棒でした。
かけがえのない思い出を沢山残して行ってくれた彼には、心から「ありがとう」といいたいです。

この最後の15日間は色々なことを悩んで、泣いて、迷って、そして心を整理することができました。


まめ蔵の幼馴染みで大親友であり、私の弟の相棒犬であったバニの健太が虹の橋で待っていることでしょう。
私が年老いて役目が終わった時に、彼らと虹の橋で再会できることを信じています。
120824-3

まめ蔵を忘れることはできませんが、まめ蔵がいないことに早く慣れるように努力したいと思います。
これから長生きをしてくれなければ困る小豆のため、精一杯頑張りたいと思っています。


最後になりましたが、まめ蔵の回復を信じて治療に尽力してくださった主治医の先生、そしてスタッフの皆さまには、この場をお借りして心から御礼を申し上げます。

そして、まめ蔵の幼い時から現在まで色んなことがありましたが、まめ蔵を可愛がってくださったり、まめ蔵と遊んでくださった沢山の皆様にも、この場をお借りして深く深く御礼を申し上げます。




スポンサーサイト

奇跡的な新たな展開なのでしょうか

さきほど、まめ蔵との面会から帰宅しました。

奇跡的な新しい展開があったので、皆さまにご報告させていただきます。
そして、ご尽力くださっている先生方には心から感謝を申し上げます。


昼頃の病院からの電話では、本日の午前中に、
なんとまめ蔵は目覚めたそうです!

そして空腹のためなのか、
1週間も昏睡のために体を動かせなくなっていることに対してなのか、
鼻をピーピー鳴らしたり、残った力で少し吠えたりもしたそうです。

試しに水を与えてもらったところ、
まだ上手く舌を動かせないながらも飲み込む動作をしたため、
実際に水を与えてみると多少の水を飲み、
更には少量の流動食を飲み込むことができたそうです。

これは脳の機能に正常に動く部分が残っている証拠でもあるとのことです。
これによって昏睡のままの衰弱死は、恐らくなくなりました。

しかし、数時間覚醒してそのように過した後は、
鎮静剤は切れているにも拘らず、
体をゆすっても絶対に目覚めないくらいに深い眠りについてしまいます。



続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。







まめ蔵の涙

一時は、大声を出して泣き出したい気持ちも、
気持ちの整理が徐々に付いてくると、
悲しいけど涙を堪えられるようになりました(笑)。


先ほど、まめ蔵との面会から帰宅しました。
おそらく、明日はまめ蔵とのお別れの可能性が高いと思います。


副院長先生は、勤務時間が終わっているにも拘らず、
私達の到着を待っていてくださりました。


そして私達よりも先に、先生がまめ蔵のために泣いてくださりました。
弟の愛犬「健太」が亡くなった時も、先生はないてくださりました。

本気で向き合ってくださるこの先生には、心から感謝しております。
私も国家資格で仕事をする者として、先生を見習ってゆきたいと強く思います。



まめ蔵は、前回と同様に沈静薬がとっくに切れているはずなのに、
今回もなかなか目が覚めない…。

というか、ほぼ昏睡状態のようです。前回もそうだったのかもしれない。

ただ、前回と違うことは、先生のご提案による追加治療によって、
鎮静剤が切れることによる痙攣の再発はないということ。
これだけでも、苦しませない状態になったのでホッとしました。


私達が病室に到着するやいなや、まめ蔵はこん睡状態にも拘らず、
彼の薄っすら開いた目からは、涙が何度もポロポロこぼれだしました。
これには先生も物凄く驚かれていました。



続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。





治療法の追加


治療法の追加をご提案を頂きました。
まめ蔵のためにご尽力して頂いている先生や、スタッフの皆さんには心から感謝です。

可能な手段をつくすことで、飼い主のエゴにならないかのジレンマに陥っていたのですが、
先生とも話し、飼主のエゴにはならない範囲でであると思います。

そして、これが本当に最後の試みだと思います。





続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。





小豆もまめ蔵に面会



最期の試みである治療をしていただいているのですが、まめ蔵の最期の時は確実に近づいてきています。

今回もよく解かったことですが、とにかく内臓は健康そのもののようです。
脳腫瘍だとしたならば、生食やナチュラルケアでは及ばなく、体のほかの部分はまだ使えるのにと思うと悔しいです。
そして、腫瘍になって当たり前という遺伝体質だったことが、本当に本当に恨めしいです…。

いま思えば、2010年4月に卒倒し、その後は跛行したことが始まりなのかも。
そして本年2012年5月27日の大発作と、今回同じく2012年8月10日の大発作。
おそらく脳に腫瘍などのトラブルを抱えているのだと思います。
もしそうならば、脳腫瘍を抱えて2年4ヶ月も元気に暮らしていたということは、驚くべきことなのかも。


鎮静剤で寝ている間に、少しでも優しい夢を見てもらいたいので、病院の方々にムリなお願いをして、私の汗拭きタオル、妻の帽子、小豆愛用の縫いぐるみを、まめ蔵の鼻先に置かせていただきました。
病院の皆さまには心から感謝いたします。

まめ蔵が鎮静剤でスヤスヤ寝て苦しんでいない時でもあるので、そして小豆にとっては最期になるかもしれないまめ蔵の面会に連れてゆきました。
まめ蔵が小豆を捨てて姿を消したと思わせたくなかったこともありましたし。



続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。





今回は覚悟しなければならないかも…


一人でお散歩を頑張ってくれている小豆。
まめ蔵の容体が急変して、昨日緊急入院をしたためです。

120812-1



先日の退院以降、まめ蔵は劇的に元気も体重も回復していました。

数年前に体重が激減して21キロくらいで推移していものが、
退院後にGABAサプリを与えたことによってでしょうか、昨日は26キロまで回復していました。
GABAは自己免疫疾患にも有用だとのこと、筋肉量もかなり回復しておりました。
以前の発作がまるで嘘の様でしたね。

120812-2

120812-3

ただ、あそこまで酷い発作が続いていたので、
退院後の時間は、神様がくれた「おまけの時間」と思って彼に接してきました。


そんな平穏な日々が続いていたのですが、
ほぼ予兆もなく昨日の早朝に大発作を再発。
速やかに抗痙攣薬の座薬を投入。

早朝対応してくれるので病院へ。
しかし、前回の発作時には、フラフラになりながらも外に出たがったのに、
今回は外へ出ることを物凄く拒んでおりました。

この時私たちは「もしかして、二度と家に戻ってこれないと察知しているのだろうか…」と。
現段階では、かなり拙い症状も併発しているので、
おそらくその予感は当たってしまうだろうと考えています…。




続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。




120812-4

120812-5

120812-6






まめ蔵、リハビリで自然公園散歩を開始

お陰様で、抗痙攣薬、GABAサプリ等のお陰か、
とても順調に回復しているというか、非常に状態が落ち着いております。

沢山の励ましや応援を頂き、皆様には心から感謝です。

あの突然の発作から約1ヶ月。
抗痙攣薬の座薬をポケットに入れ、勇気を出して1ヶ月ぶりに自然公園へリハビリ散歩に行ってきました。

120624-1
まめ蔵が緊急入院したとき、ヤツはもう二度と我家に帰って来れないだろうと覚悟したし、ましてや二度とヤツの大好きなこの自然公園で遊ばせることは無いだろうと思っていましたので、この光景は感慨深いですね。
とくにこの写真は泣けてきちゃいます(汗)。

安静にしていた1ヶ月という時間は大きく、たった半周するのにも疲れちゃっていましたが、幸いにも発作が起きることも無く、小豆と楽しんでくれたようです。
120624-2

他にも沢山の写真を撮ったのですが、ぜんぶここで紹介するのは大変です(笑)。

この土日で、久々にお会いする方々にも、まめ蔵の1ヶ月振りの理由を説明して歩いていました。
特に、公園の管理スタッフの方々が、まめ蔵&小豆をとても可愛がってくださるので、当然に報告は必要ですもんね。

ご心配や応援をしてくださった皆様には、心から感謝いたします。


ちにみに、本日はまめ蔵の状態確認のために定期健診で動物病院へ行ってきました。
動物病院の待合室での光景ですが、病院で里親募集中のチビニャンコ、小豆のお尻と尻尾で遊んでます(笑)。
120624-3


ではっ!



神様から頂いた「おまけ」時間を大切にしたい

お陰様でまめ蔵には神様から「おまけ」の時間をいただけたようです。
今まで以上に、時間を大切にしたいなと強く思う次第です。

ここ最近は、殆どフェイスブックで日々の経過を書いてきたのですが、
大よその目処がついたので、ブログにまとめたいと思う次第です。


本日の写真ですが、お陰様で、
こうやってご飯をワクワクしてくれるくらいに元気も復活。
1 ご飯待ち

約2週間前の5月27日の早朝に、生まれて初めての癲癇発作を2回、その夜に1回の発作を起しました。

その翌日の5月28日には早朝から短時間に3回の発作、そしてその3回目は発作継続して治まらない常態に。

つまり、初めから短時間で再度発作を起す断続発作、そして、一つの発作が終わる前に次の発作が起きる重積発作と、命の危険が迫っている状況でした。

その後は、興奮が醒めずに1日20時間程度も不眠不休で歩き回ることもあったりしましたが、癲癇発作から約2週間が経過し、その後はサプリメントケアも含めて劇的に回復。

ただ、今回はあまりにも体に負担がかかりすぎたようで、数日前から、7年来再発を繰り返している「顎痛、第三眼瞼上昇、眼球突出」も…。

でも今回、執念の調べモノで、第三眼瞼上昇&眼球突出がなんの疾患かを突き止められました(笑)。
「頬骨腺粘液嚢胞」ではないかと思い、先生に本日相談しました。
やはり疑わしいらしいですね。でも、これは眼科専門獣医師で無いと確定診断は出来ないと。
7年間モヤモヤしていたものが判ってきたので、やったぜ~という満足感と、これからのケアの新しい方針を考えることが出来ました。

でもね、7年ほど前に行った眼科専門動物病院、4人の獣医師がそろって脳腫瘍の可能性があるから頭を開きましょうといわれたことに、いまだに不快感が残っているんですよね…。まあ、もう忘れたほうがいいですね。


以下、本日病院へ持っていた経過の報告と、これまでのFBの記事の転載を交えて。
これは今後のための記録でもあります。




続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。



まめ蔵には驚かされました(汗)

相変わらず仕事やFBにかまけて、
ほぼ放置中のブログになってしまっていますね(汗)。

まめ蔵&小豆は年齢を感じさせない若さで、
日々楽しい毎日を過しております。

120527-1

120527-2

120527-3


ただ、地震の前になると遠吠えをしたりで、
少々賑やかになっているのは否めませんが(汗)。


ただ、今朝のまめ蔵には驚かされました。
どうも癲癇をもっているということが判明してしまったのです…。
それさえなければ、まめ蔵10歳、小豆8歳、
いたって元気一杯のコンビであることには変りません(笑)。

今朝のリビングから聞こえるいつもと違う音、
そして慌てふためいてオロオロし、パニックになっているの小豆の声…。



続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。



第11回ランチョンセミナー/LGSの原因と対策パート2


本日は、妻が久々に本村先生のランチョンセミナーに、久々に参加してきてくれました!

お留守番中のまめ蔵&小豆は、ず~っと寝てました(笑)。

111002-1

111002-2


前回の「第10回ランチョンセミナー/LGSの原因と対策パート1」は、
先日の大震災の影響によって延期となり、その延期となった日が仕事だったために、
かなり久々の参加のランチョンセミナーなのです。

細かいことは書けないのですが、
先生が米国のホリスティック獣医学会のために渡米して、ご覧になってきたことで印象深かったのは、
・グレンフリー(穀物不使用)のフードが主流となっていること
・米国南部のペットショップでも、お肉売り場がちゃんと設置されている
・非常に酸化が早い魚油が含まれているドッグフードに使用されている防腐剤の問題
などなどだそうです。



続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。






今年の暑さ対策はどうしよう…

かなり放置気味のブログ…(汗)。

まめ蔵&小豆は変わりなく、元気一杯でやっております。


で、今日の午前中は日差しも強くて暑かった…。

110522-1

まめ蔵&小豆も、自然公園の散歩では途中でばててしまったので、
日陰で少々休ませないとね。
110522-2
もう若くは無いので、無理は禁物。


特に9歳となったコイツには、
電力不足のこの夏を乗り切れるかどうかが心配…。

110523-4

ということで、タワー型の扇風機を購入!

110523-5
古い扇風機も我家にあるけど、
日中ずっと運転させるとなると、
古い扇風機での火災が多いので…。

グラグラ揺すってみて、コレが一番免震のような感じで、
台座の上だけが上手に「赤べこ」のようにグラグラしてくれるので、コレに決定!

マイナスイオンも出るそうだけど、
プラズマクラスターも置いているので、競合しないかな?

特別セミナー(生食セミナー)in東京/血液生化学検査

いやいや、またもやブログを放置してしまって…(汗)。

昨日は、妻は本村先生のセミナーに参加してくれて、
私は大阪から来てくれた社労士の東京下町観光案内。

スカイツリーを見に行ったのですが、建設中にも拘らず物凄い人数の観光者。
下町から景気の回復を予見できるような、そんな楽しい気分。

コースは、
旧岩崎邸→(徒歩)→浅草→(電車)→スカイツリー→(電車)→上野
といった感じで、合計約10キロも歩くなんて(汗)。

ん~、まさに体力の衰え…。

写真は最後のほうでご紹介。



妻が参加してくれたセミナー、今回は血液の生化学検査について。

今資料を見せてもらっているんですが、物凄~く奥深い。
まめ蔵&小豆の過去の血液検査結果(39項目)と照らし合わせながら読んでいます。

血液生化学検査についての本村先生のセミナーは、
記憶にある限り、今回が初めてのような気がする。

生食ならではの特徴的な数値もあるので、非常に興味深いもの。

少々まめ蔵&小豆の検査をサボっていたので、
まめ蔵が大きな病気をしたこともあり、この春には検査しなければと強く思う次第。


110220-1

110220-2

110220-3

110220-4

110220-5

110220-6

110220-7


生食セミナー/特別セミナーin東京(いかにして体を守るのか)


本日、妻が本村先生のセミナーに参加してきてくれた。

 特別セミナーin東京 
  ~ いかにして体を守るのか? ~

全部妻に参加してもらっちゃっているので、本当に感謝感謝。





今度の週末は妻の実家へ帰省があり、
日頃バタバタと忙しく時間が無いので、この週末に少しでも準備を。

前回の冬支度記事に引き続き、本日はそのための冬支度。


遠くに住んでいる「犬&スノーシュー仲間」と、年1回現地集合というのも恒例に。


雪国であっても、市街地で過す分にはスタッドレスで十分。
4WDである必要もないと思うし。
学生時代にスキー場でバイトをしていたのでよく解かっております(笑)。


でも、普段は雪のないところで暮らしている私達が、
山の奥へ奥へと行くわけなので…。


先ずは、チェーンに不具合はないかチェックし、
スタッドレスタイヤにチェーンを試着、
そして車載品の確認&積み込み。

110130-1.jpg
これを使うときは、余程の積雪で脱出用っていう感じでしょうか(笑)。
やはりラバーチェーンではなく、金属チェーンが安心です。


我家の冬の装備品はこんな感じでしょうか。
角スコップ、金属チェーン2セット、牽引ロープ2セット、
ブースターケーブル、十字レンチ。
110130-2.jpg


その間、まめ蔵&小豆は庭で放牧なのだ(笑)。
110130-3.jpg


(中略:本文はパスワードブログで)








続きを読む

アゴ治療、ほぼ目処が立ちました!


1年以上もかかってしまったまめ蔵の不具合とその治療。


鍼治療と漢方薬投与は今でも続けているけど、鎮痛剤は使用しなくなってかなり経つ。

そして本日、アゴ治療について「目処が立った」との待ちに待ったありがたいお言葉を先生から頂いたのだ~っ!

110115-3.jpg

そして、漢方薬も近々に投薬を終わらせることにもなって、嬉しくて嬉しくて。

そもそも、生来あごが弱いまめ蔵の個体差を考慮しないできたのが原因だった…。

責任は全て私達にあるのだ…。



今朝はちょいと早めに着いてしまったので、病院の比較的近くにある駒沢公園で散歩。

携帯のカメラで撮ったので、画像が…(泣)。

110115-1.jpg

まめ蔵&小豆は、楽しくてしょうがないらしく公園内を縦横無尽に歩き回った(笑)。

駒沢公園は、 約6年前にThe Dogの鼻デカ写真のスタジオ撮影の前に来て以来。


またまた名前が分からないけど、梅の仲間らしい花が咲いていて、

もう春が近いのかな?なんて思ったりして(笑)。

110115-2.jpg


(中略:本文はパスワードブログで)




続きを読む

改めて、ワクチンに含まれる成分について



とある経営者の会合に講師でいらしていた方と、面白いご縁を頂きました。

以前より書いてきたワクチンに含まれる成分について、同じような内容のことが述べられていた。



(中略:本文はパスワードブログで)





続きを読む

耳もかなり改善



ブログを更新する時間がなかなかなくて、気付いたらもう2週間も経っていた…(汗)。


この間、お陰様でまめ蔵&小豆は仲良しで、そして元気一杯。

101219-1.jpg


まめ蔵は満身創痍で、いろいろな症状を発症していたことは以前にも書いたけど、
まずアゴについては完全なアクビができるようになってきた。

そしてまだいくつか残る症状もあるのだけど、そのうちの中耳の炎症。
片側からのみ大量の耳垢と耳垂が…。


これについては先生から頂いた「薬草のアルコール漬け」を頂き、とても良い効果を得られている。
我家は全くのハーブ素人なので、ハーブの事故が怖くて積極的には利用していない。


でも今回は、中医療の先生からのご指導によるものということと、
さらには偶然にも妻の実家でも昔から漬けて使っていた物だったので、
急遽妻の実家からも取り寄せてまめ蔵に使うようになった次第。

101219-2.jpg


(中略:本文はパスワードブログで)



続きを読む

第9回ランチョン&セミナー(生食セミナー)/AHVMA学会報告会

本日も妻が本村先生のセミナーに参加してきてくれた。

そして今回は、我家がお世話になっている方が、
激しい渋滞にも拘らず、遠方より受講しにきてくださったので、
10ヶ月振りの再会の妻はとても楽しめたとのこと。


今月、本村先生の書籍が発売されたので、妻は本日の会場でさっそくゲ~ット(笑)。

「改訂版 胃腸が弱いではすまされない」(2010.12)
101204-2.jpg



今回発売された書籍↑は、実は↓の「胃腸が弱いではすまされない」(2005.3)の改訂版。

101204-3.jpg

妻が先に読むので、私が読むのはずっと後なのだ(笑)。



セミナーの内容については米国の学会情報についてで、フードの問題点、ワクチン、中医学の最新情報について。
まめ蔵が鍼&漢方の治療を受け始めているので、なんとタイムリーなテーマ!


(中略:本文はパスワードブログで)




続きを読む

平日を有効活用して

いや~、気付かないうちに1ヶ月もブログを放置してしまった(大汗)。


お陰様で、まめ蔵の調子はゆっくりゆっくりと回復している。

元気は炸裂していて、リビングをドタバタ走り回っている(汗)。
ときどき小豆が困ってしまうくらいの元気さなのだ。

ということで、仕事を休んで鍼&漢方の病院へ。
予約時間よりもかなり早く着いてしまったので、近所の碑文谷公園でブラブラと。

101204-1.jpg
携帯の写真は、やはり画質が悪いのだ…。

まだ耳の様子はイマイチだけど、鍼&漢方の先生から新しいケアの方法を教えていたので、さっそく始めた次第。
これについては、後日書きたいとおもいます。


そして、その後に以前からの主治医の病院へ行き、
まめ蔵&小豆の爪切り。

ステロイドが全く効かなくなってから今までの経緯を報告も兼ねて。
是非是非今後もご厄介になってゆきたい病院なので。

こんど、通院してくるワンコたちの写真コンテストがあるとのこと、
まめ蔵&小豆の写真も送ってみようかなと画策中なのだ~。


続きを読む

体重の増加と鍼治療開始

おぼつかないところもまだまだあるけど、まめ蔵は一歩一歩順調に回復している。

回復に比例して、ノー天気な明るいまめ蔵に戻ってきた。
101023-2.jpg

ただ家にいてリビング内を歩いているだけでも、とにかく楽しくてしょうがない!って感じ。
こんなまめ蔵を見るのは、かれこれ1年ぶりだと思う。


そして、まめ蔵の元気UPに比例して、小豆の元気も一杯なのだ。
数年前までは、我家で一番体が弱いのは小豆だと思っていたけど、
今では一番丈夫な子になってしまった(笑)。
101023-1.jpg



さてさて、ステロイドの耐性ができてしまって、治療方針を変えたまめ蔵。
まめ蔵の治療は、新治療方針の漢方薬治療にしてから本日は2回目の通院。

数年前には29.5kgあったまめ蔵。
その後27~28㎏で安定した体重も、1年半前からどんどん体重が減少し、
本年春頃には21.0kgにまで痩せてしまっていた。
本日計ったら、やっと23キロ台にまで回復なのだ~。


体の中は複雑に繋がっているわけで、1箇所が長期に亘って悪いと、次から次へとあちこちに色々な症状が出てきて、
まさに満身創痍の状態だったのだ…。


まめ蔵の過去6年間の歯根膿瘍を繰り返してきた経緯の説明と、
鎮痛剤と漢方薬の投与後の詳細な様子、そして今後の治療方針などなど、
この3週間、先生とメールで色々なやり取りをしていただいた。

その結果、本日からは鍼治療を併用することになったまめ蔵。

実は、後肢にも大きなふら付きが出ていて、そして力が入らずに踏ん張れない状態が続いていた…。
後肢を閉じても、またズズズ…って滑っていく状態だった。
101023-3.jpg


それが、本日の鍼治療の後には、こんなにも大きな違いが現れた。
まだ少々足運びがおぼつかないけど、ちゃんと力を入れて踏ん張れるようになったのだ。
101023-4.jpg


(中略:本文はパスワードブログで)






続きを読む

口が大きく開くように~

まめ蔵のアゴのトラブルのせいで、本年秋の山歩きはあきらめていた…。

熊に関するニュースはほぼ毎日聞くような今年。
この猛暑で山に木の実が十分にないらしい…。

熊に注意しながらの山歩きや、熊対策スプレーについて記事を書いたことがあるけど、
いくらアレを持っていても、今回まめ蔵&小豆を連れて秋の山に行っていたら、
素人の我家では事故に巻き込まれていたかもしれないのかなって思ったりしている…。

まめ蔵は病気で辛かったかもしれないけど、秋の山に行けなくて良かったのかもしれないね。




この週末のポカポカ陽気、ノンビリと散歩を楽しんだまめ蔵&小豆。
こんな姿を見ていると、私達の気持ちも平和になる。

101017-1.jpg

101017-2.jpg


痛みが消えたまめ蔵、更にまた一つ症状の改善があったのだ~。

ステロイドが最大に効いていた頃でさえ、口を開けるには頚を下向きにしていた…。

でも本日より、なんと上を向いて口を開けられるようになったのだ~っっ!


(中略:本文はパスワードブログで)



101017-3.jpg

101017-4.jpg

続きを読む

オヤツの譲渡会

ステロイドの耐性ができてしまったまめ蔵。

治療方法を変更して、ステロイド休薬のリバウンドもかなり出ているけど、
元気に楽しそうに頑張ってくれている。
そう、彼にとっては痛みさえ復活しなければそれが一番(笑)。
その痛みが治まっているうちに治してやりたい。


でも、アゴの調子が元に戻っていないので、大好物なオヤツである生骨は、
ずっと冷凍庫で眠ってしまっていた。
いずれ冷凍ヤケもしてしまうだろうし…と思っていたら、
なんと引き受けてくださる方がいらっしゃいました!

心から感謝感謝です。

101011-1.jpg




(中略:本文はパスワードブログで)



101011-2.jpg

101011-3.jpg


続きを読む

希望を持てるようになってきたのだ


まめ蔵は物凄く真剣な顔して匂いの追跡中(笑)。

101002-1.jpg


まめ蔵が元気だと、小豆も元気一杯。

101002-2.jpg





まめ蔵のアゴの痛み、ここ最近はステロイドの耐性ができてしまったようで、
効き目も非常に僅かになってきていた…。

でも、これからは大きな期待を持てるようになった。






(中略:本文はパスワードブログで)




続きを読む

血液検査の結果は良好



つい最近まで猛暑だったのに、急に冷え込んできた。
うっかりすると風邪をひきそうなので、十分に気をつけなければ…。


このおかしな夏の気候だったのに、自然公園では季節どおりの彼岸花が咲いていた。
ちゃ~んと準備していたんだねと、異常気象ではなかったのでは?と錯覚してしまう。

100926-1.jpg


気温がグッと下がったせいか、公園でのまめ蔵&小豆はとてもハイテンションになるだろうと思い、
久々にカメラを片手に公園に行った次第。

100926-2.jpg

カメラを持ち歩くのは約2ヵ月半ぶり…(汗)。
ぜんぜん思ったように撮れない…(大泣)。
やはり、普段から撮ってないとダメだね…。


さてさて、やっと今回の本題。
先日の23日、今年春から長期のステロイド投薬をしているまめ蔵の血液検査をしてきた。

100926-3.jpg




(中略:本文はパスワードブログで)




続きを読む

第8回ランチョン&セミナー/アレルギー疾患の原因を探る

この猛暑の中、本日も妻が生食セミナーに参加してきてくれた。
本当に感謝感謝なのだ。


私は明日の日曜から明後日まで出張で、その準備でバタバタしておりまして、
大変恐縮ながら、今回も手抜きをさせていただきます…(大汗)。



ということで、以下セミナー案内



好評のポレポレクラブによるランチョンセミナーも今回で8回目となります。
今回のテーマは、『アレルギー』です。この厄介な病気で苦しんでいる犬や猫たちがたくさんいます。本セミナーでは、特になぜアレルギーになるのかに的を絞って、お話をします。春先になるとかゆみが現れたり、特定の食べ物に反応したり、色々な悩みを抱えていることと思います。手作りの方だけでなく、ぜひペットフードを与えている方もご参加ください。
知っておくと得をする情報満載の今回のランチョンセミナー。おいしい地中海料理も楽しい会話とともにご堪能ください!
・内容:アレルギーについて
・講師:本村 伸子
・使用するテキスト:「目からウロコのアレルギー本」(コロ)








プラクラ

十数年前に、「水を買うのも当たり前になるけど、空気を買う時代も来るかもしれないよ」
って言われたことがいまでもとても印象深く残っている。

100902-1.jpg


知人宅でこのプラズマクラスターを体感して、
これはまめ蔵&小豆にも買ってやりたいと思ったのだ。

もしかして、まめ蔵の免疫疾患は、長期に亘って空気が汚れている環境にいたからかな?
って思うことがあり、試しに買ってみようと。



ここ最近、ステロイドを飲ませていても、少々体調が思わしくないまめ蔵…。
異常気象が続いているから、それも体に負担をかけているかもしれないけど。

でも、トヨタや日産の車でも、オプションでこのプラクラがあるらしいし、
効果についてかなりの実証例があるから、試して損はないだろうと。



プラクラの前で記念撮影をしようとしたら、
プラクラ導入まで少々調子が悪かったまめ蔵にもかかわらず、
小豆と遊びたくて歩き出してしまうし…。
100902-2.jpg

プラクラにピントを合わせていたら、前を小豆が物凄い勢いで駆け抜けてゆくし…(泣)。
100902-3.jpg


気のせいかもしれないけど…、妙に元気な場面が増えたような気がするのだ(笑)。




(中略:本文はパスワードブログで)



続きを読む

第5回Eat & Heart セミナー

妻が生食セミナーに参加してきてくれた。

でも、私は大阪出張中のため、今回は割愛させていただきま~す(汗)。



<以下、セミナー案内の抜粋>

今回は、この“Eat & Heartセミナー”をライフワークとするきっかけとなったフレンドという一頭の犬の生涯を通じて、ナチュラルケアの原点についてお話をしたいと思います。
また後半は、安全なワクチン接種と免疫の話になります。どんなに食事に気を使っていても、実は毎年の狂犬病ワクチンや混合ワクチンの予防接種は身体にとっては大きな負担となっています。今回は、免疫の話を交えながら、どうすれば負担なく犬や猫たちにワクチンを接種出来るのかを考えてみたいと思います。ペットフードを与えている方もぜひご参加ください。きっと本当に必要なものが見えてくるはずです。

今回のセミナーは、Eat & Heartセミナーの最終回となります。平成21年8月30日の「第1回Eat & Heartセミナー」をすでに受講済みの方とポレポレクラブ会員の方を優先させて頂きます。空席がある場合のみ、初めての方は受講可能となります。

内 容:フレンドの遺言状 ;本村 直子
     ワクチン接種と免疫;本村 伸子

まめ蔵の経過報告

あ~暑い…。

本日も携帯電話のカメラにて…。

100725-1.jpg


公園散歩も、日陰に避難なのだ…。


100725-2.jpg



昨日は病院でまめ蔵の経過の診察。

なかなか順調みたい。


現在は、約2日ほど投薬の間隔を空けられるようになってきている。
ちなみに、間隔を3日にしたときは、少々痛みが再発してしまったけど…。

そして、右耳からだけ噴出していた大量の真っ黒な耳垢もピタッと止まっていて、
横転や跛行の右耳奥深くにあった腫瘍状のものも殆ど消えかかっている。

さらに、まめ蔵の咀嚼筋炎が明らかになる以前、つまり昨年の夏頃から徐々に体重が減っていたのだけど、
昨日の健診では、なんと1年ぶりに体重増!
26.5~28.0kgが普段の体重だったのが、前回の健診の21.5kgまでグングンと減る一方だった…。
でも、昨日の健診では22.5kgと、微増ながらも嬉しいものだったのだ。

徐々にステロイドを離脱できるように、そしてリバウンドが起きないように、
目標どおりに進捗できているような気がする。


(中略:本文はパスワードブログで)



続きを読む

自家製ゴーヤ

先週末からステロイドを隔日投与にしたまめ蔵。

前回の時は、そろそろ元気も半減して、少々痛がっていたのだけど…。

今回は、ステロイドのリバウンドを警戒して、ステロイドを与えない日には、
意識的に天然のビタミンC&ビタミンB群を与えるようにしてきたためか、
今のところ元気一杯でパワー炸裂なのだ。
ただこの前、まめ蔵&小豆はお肉をめぐって喧嘩を少々したのだけど、
その時まめ蔵は、アゴを痛がっていたので、やはりまだまだ完治はしていないけど…。


通常は、ビタミンC・パントテン酸・コレステロールなどを原料に、
体内でステロイドが合成されていると聞いている。
そして、皆さんもご承知の通り、外部からステロイドを投与すると、
直ぐに体がサボってしまう。

ということで、意識的にステロイドの原料となる栄養素等を多めに与えてゆこうという
方針を検討し、実践してみた次第。
いまのところ、前回のときとは明らかに経過が違う。
このまま順調に行ってくれればいいのだが…。


さてさて、先日植えたゴーヤ君、やっといい感じになってきた。
今日からまめ蔵&小豆に食べさせてあげようと思うのだ。
100703-4.jpg

100703-5.jpg


そうそう、ナスの花も咲いてきたので、早く炒め物を作りたいのだ(笑)。
100703-6.jpg




(中略:本文はパスワードブログで)


100703-1.jpg

100703-2.jpg

続きを読む

特別セミナーin東京/愛犬と幸せに暮らすためにできること

食餌が終わると、マッタリモードに入るまめ蔵&小豆(笑)。

100620-3.jpg



本日も、妻が本村伸子先生のセミナーに参加してきてくれた。


で、生食仲間から、まめ蔵をご心配いただき、なんと「梅酵素」を頂いた!

100620-1.jpg

以前勉強会にお誘い頂いたのにも関わらず、予算的な都合で辞退をしてしまったのに…(汗)。
この場をお借りして、心より御礼を申し上げます!


さてさて、先ずはセミナーの案内から抜粋


今回の特別セミナーは、食事内容を含めた犬の健康管理に的を絞った話となります。犬たちの健康を守るためには、生活のあり方をまず考えることが大切です。食事がどんなに良くても、ストレス(肉体的・精神的)をため込むような生活をしていては、健康を手に入れることはできません。日頃どのような生活を送っているのか?考えてみる良い機会になると思います。愛犬の健康について別の視点から考えてみたい方は、ぜひご参加ください。

内 容   :食事&生活について
使用テキスト:「愛犬と幸せに暮らす健康バイブル」(ペガサス)

100620-2.jpg



この最新版書籍をテキストとして使ったセミナーは、今回が初めて。

やはり、参加し続けることによって、常に新しい情報をいただけることがありがたい。
今回、特に興味深かった内容は、加熱食と白血球のトラブルとLGSとの関係。

そして、一度に与える野菜の種類は少なくて良い事なども、目からウロコの情報なのだ。

これからは、従来以外の都市でもセミナーを開催してゆくということなので、もっともっと理解者が増えてくれるといいなと思う。





(中略:本文はパスワードブログで)



続きを読む

徐々に夏が近づいて

ゴールデンウィークに植えたゴーヤの株。
ちびゴーヤが出来始めたのだ~。
良質なビタミンCを得られるので、もちろん私達も食べるし、まめ蔵&小豆たちも。

100613-1.jpg



で、ナスとピーマンも植えたのだけど、小さなちびピーマンが。

100613-2.jpg

もちろん犬の個体差や植物の種類毎の差もあるけど、ナス科は成分的にできるだけ犬には生で与えないほうがいいといわれているので、我家ではまめ蔵&小豆には加熱・非加熱に関係なく、無理に与えていない。
つまり私達の食料なのだ~(笑)。



ゴーヤを庭のあちこちに分散させて全部で4株を植えたんだけど、その他に、昨年自然破裂して撒き散らされたゴーヤの種までもが、一箇所で5株も発芽してしまい、間引きしないとマズイかな…って状況に(汗)。

100613-3.jpg

多分、今年の夏は毎日ゴーヤを消費しなければならないかも(笑)。




さてさて、ゆっくり起きた今日の朝は、ノンビリ公園散歩。
もう紫陽花も咲き始め、きょうから雨が続くということで、いつの間にかそんな季節になっていたんだね。

100613-4.jpg



お陰様でまめ蔵は、まだまだステロイドを止められない段階だけど、ものすごく元気で過しています。

ただ今朝の散歩は、暑くて湿気が多いせいか、そしてまだ体力が回復していないせいか、ダラダラとした散歩…。



(中略:本文はパスワードブログで)




100613-5.jpg

100613-6.jpg

100613-7.jpg

100613-8.jpg




続きを読む

PageTopNext>>

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。