QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生食セミナー(体作りなど)

今日2度目の日記。


本日はまめ蔵&小豆の食事のセミナーに妻が参加。


ということで、出発する前に早朝散歩。
080628-4.jpg



小豆は甘えてじゃれているつもりかもしれないけど、本当にまめ蔵には迷惑。
080628-5.jpg


おお~、もう1時間も経過。
出発準備があるからもう帰らないと…(汗)。
080628-6.jpg



で、改めて、本日は妻がセミナーに参加。

今回は、生食だけの話というよりは、犬の健康環境についての話だったらしい。

我家もそうだけど、ここ最近、生食や手作り食の話だけが先行していて、良い傾向ではないと。

生食も当然に必要ですが、水、ホルモン、自律神経(交感神経・副交感神経・ストレス)環境、ワクチン、家電などによる犬の体への大きな影響などなど、多岐にわたったとのこと。

確かに、納得させられる。

持参したテキストの他に、会場で配布されるレジュメもあり、とても有意義なセミナーだったらしい。


続きを読む

スポンサーサイト

今日から1年間

本日2008年6月28日から2009年6月29日まで…。


080628-1.jpg

080628-2.jpg

続きを読む

テキスト

本日は有給休暇~っ!


キッチンに期待をしているまめ蔵と、退屈だという空気を醸し出している小豆。
080623-1.jpg


我家のブログに訪問してくださっている方で、興味を持たれている方もいらっしゃるので、我家が使用しているテキスト9冊を改めて紹介。

既に実践されるいる方もこのブログには遊びにいらっしゃっていて、若輩の私が紹介するのは大変恐縮だけど…(大汗)。


いろいろなやり方の獣医師の先生がいらっしゃるので、我家ではたまたまこのスタイルをチョイスした次第。
まめ蔵&小豆の体にトラブルを抱えるまでは、我家では必要とは全く思わなかった。
だから、必要でないご家庭もあると思う。


ただ、必要としている方の一助となれればと思い…。


※愛犬の体調に関わること、その情報が独り歩きするのを避けたいので、パスワード内で…(汗)。

続きを読む

雨上がり

朝は雨が降ると思っていたので、まめ蔵&小豆に留守番をさせて馬肉を仕入れに行く予定だった。

朝起きてみると雨は上がっていて、まめ蔵&小豆はスクランブル状態…(汗)。

では予定外だったけど、連れて行くか…。
080621-1-1.jpg



ということで、肉屋の近所にある公園のドッグランへ。

雨上がりで地面は濡れているせいか、公園内は人もまばらで、ドッグランは始めのころは貸切状態。
080621-2.jpg



(中略)


二人とも水を飲みまくっている。

少々日が照ってきて暑くなってきたのもあるし、他の犬が来たけど、その子はやたらに小豆を怒らせる子だったので、引き上げることにした。

公園内の林の中だと涼しいだろうと思ったけど、全然…。
さらに湿気が高くて無風なので、まめ蔵&小豆ともダラダラ…。
080621-5.jpg



(中略)


080621-7.jpg





続きを読む

小豆が養女になってもう4年

今から6年前の6月19日。
生後3ヵ月半のまめ蔵はこんな感じ。
080619-2.jpg




今、パソコン机の下で、ミジンコみたいになって寝ているのが小豆。
080619-1.jpg



2004年6月19日、小豆が我家の養女になって満4年。

迎え入れる前日、どうしようもなく楽しみで全く寝付けずに、結局一睡もせずにブリさん宅に。

そして、このグニャグニャしているレモンカラーの子を、まめ蔵の妹分として小豆と名づけた。


車で我家に帰ってくる道中、ずっと鼻を鳴らしていて、夜鳴きなど大変だろうなと心配した記憶がある。


家でお待ちかねのまめ蔵。
この小さなグニャグニャの動物にとても優しくしてくれたので、一安心。
080619-3.jpg


早速、意気投合したようで、遊び始めたのだが…。
ここからまめ蔵の苦難の日々が始まったのは言うまでもない(笑)。
080619-4.jpg
いや~、この当時のまめ蔵はメチャクチャ細っこい(汗)。
3歳過ぎから食事をかえて、それからどんどん筋肉が付いたんだな~。



オモチャも気に入ったようで、この日からまめ蔵のオモチャは小豆のものに名義変更されたのであった…。
080619-5.jpg






続きを読む

抗生物質代わりのサプリメント。似た商品があったのだが…。

本日は非常に長文(汗)。


今ではこんなにも健康になったまめ蔵&小豆。
何度か紹介したけど、その治療中は必死だった。
080617-1.jpg

でも今では、免疫を優先して治す事が一番と実感している。


以前から何度も紹介している発酵酵素。
まめ蔵&小豆の炎症に、抗生物質よりも素早く効果があるので、我家では手放せなくなっている。

しかし、ネットで調べ物をしていたところ、非常に商品名が似ていて低価格のものがあった。
我家では、その酷似している商品を使用したことがないので、判断が付かない。

我家で使用している商品そのもので体験してきたことはお伝えできるけど、その酷似している商品の体験話は全く持っていないので、無責任に代替品としてお伝えできない。
今購入しているお店が、取り扱いを替えたら検討するけど…、身近なところでの具体的な効果を聞かない以上、我家では今後も従来どおりのものを使用し続ける予定。

~中略~

<まめ蔵>
1.歯根膿瘍で、右目を押し出してしまい、かつ、第三眼瞼(瞬幕)が目を覆ってしまう。

 ※写真は本編ブログにて

物凄い痛みのようで、泣き叫んでいた。
このときがカリカリと噛まずに済む生食に完全移行したきっかけ。
半年の間にこれを何度か繰り返した。
そしてその間隔がどんどん狭まってきたので、手術を決意。
手術直前1週間ほどの間、抗生物質で腫れを治め、その後手術で奥歯を3本抜いて、歯根をクリーニング。



2.約1年後には逆の左目。

 ※写真は本編ブログにて

これは酵素入手後だったので、その酵素を与えてみた。
2~3日で完全に治ったので、病院へは行ってない。
何度か腫れを繰り返したけど、その発症の間隔が伸びてきたことと、都度腫れの程度が小さくなってきて、現在では先ず発生してない。



<小豆>
3.小豆の酷いリンパ節炎。

 ※写真は本編ブログにて

リンパ腫だと思って会社を休んで緊急検査。
検査の結果、リンパ節炎ということが判明し、抗生物質を2週間投薬。
薬が強すぎたせいか、何度も嘔吐。
小さなしこりが残ったまま、暫く経つと腫れだして、再度投薬。
気付いたら、脇の毛が抜けて真っ赤に腫れ、酷い痒みに苦しみ…。
これが小豆の皮膚炎のきっかけ。
(※アレルギーの全身発疹のブツブツは、ずっと以前のことで、これとは別。)
薬で常にグッタリしているので、遂に1ヶ月間行った投薬を止めその酵素に切替えたところ、腫れは綺麗に治まったしだい。
何度か発症を繰り返したけど、まめ蔵同様に、再発の間隔が長くなり、そして今では発症が全くなくなった。

そんなこんなで…

続きを読む

SIGEZOブランドのシガーチューブ

今、人気が出ているSIGEZOブランドのシガーチューブ。
080615-1.jpg

おっと、怪獣2頭が一緒に写りこんでしまった(汗)。



改めて、SIGEZOブランドのシガーチューブ。
080615-2.jpg



(中略)


小豆は背中まで皮膚がダブついている。
080615-7.jpg

↑絶対に、中に別な生き物が入っているに違いない(汗)。
背中にファスナーが見えるような気がする…。

そうそう、話はそれるけど、彼らはコレでも一応は猟犬。
噛まれても、致命傷にならないように、皮膚がダブつくように改良されたらしい。

散歩中に、「太ってるね~」って、よく心外なことを言われるけど…(泣)。
全く脂肪肝ではないし、血中の脂質は高くないんだけどな…。

続きを読む

小豆に心を読まれている

まだ紫陽花が満開ではないけど、綺麗に咲き始めた。

080614-1.jpg


今年はやけに雨が多いような気がするけど、こんな晴れの日は気持ちがいい。
まめ蔵&小豆も、こんな天気の良い日は、やはりはしゃぎまくっている。

でも、かなり気温が上がってきたので、この紫陽花の木陰で涼み始める。
まめ蔵はここが気に入ったみたいで、この辺りに居座りたいみたい。
そして小豆は紫陽花の中の探索。
080614-2.jpg

この辺は、ちょうど木の木陰もあり、休むにはちょうどいいみたいで、まめ蔵はツチノコになっている(笑)。
080614-3.jpg



さてさて、犬は人の心を読むとはよく聞く話。
080614-5.jpg

ジーッと眺めていると、小豆がモニターに向って吠え出す。
吠えるのが下手な子なので、バセットにしてはとても汚い声で一生懸命吠える。
そう、とにかく汚い声で(笑)。

続きを読む

冷凍庫の具が届いた ( BBS始めました )

仕事が早く終わったので、珍しく平日のブログ更新。

先ずは、サーバーの不具合が解消され、ホームページを再開しました。

次に、本編ブログにフォトBBSを設置したので、お暇な時にでも遊んでやってください。
入り口は、右下の「リンク」に貼っておきます。



さてさて本題。

まめ蔵&小豆の馬内臓が到着。
080611-1-2.jpg

中身はこんな感じ。
080611-2-2.jpg

まめ蔵&小豆の専用冷凍庫にそれを入れると、殆ど隙間がない…(泣)。
もう少し大きい冷凍庫にすればよかったかも。
080611-3.jpg

やはり、27キロのまめ蔵、26キロの小豆は、それなりに食べる量も多い。
パピーを見るたび、もう1頭と一瞬夢を見てしまうけど、ワンゲル係数を考えると100%不可能…(汗)。


写真にはないけど、野菜スペースも彼らの植物系食材が入っているので、私たち夫婦は質素な食事になってしまう(泣)。



話は戻って、到着した馬内臓を冷凍庫にせっせと入れていると、まめ蔵&小豆は興味津々。
もう臭いで解っているみたい。
080611-5.jpg



続きを読む

昨日の野菜などの続き

明日の夜、馬内臓が届くので、冷凍庫の残りの馬内臓1セットを使うことにした。

<まめ蔵>

(中略)


<小豆>

(中略)

って…、在庫処分のつもりだったのが、まめ蔵は(中略)グラムも(汗)。

そんなことは彼らにとって無用の心配。
あっという間に平らげて「まだ何かくれっ!」って騒いでしるし…。

彼らの食事には、動物系の朝食ではあまり脂肪分の多い部位は与えてないし、植物系の食事では犬では次順位で燃焼する炭水化物は先ず与えていない。

だから普段はスリムなお腹でも、こんなお腹に…(汗)。

※写真は本編ブログにて



さてさて、昨日の野菜などのお話。

水溶液に10分ほど浸した後、洗い流さないでラップをして冷蔵庫保管をしていた。
で、本日の昼食で、昨夜処理した野菜の中の「キュウリ」と、「卵」を「ゆで卵」にして食べてみた。

おお~、キュウリの歯ごたえがアップしていて、香りも子供の頃に食べていた強く青い香り。
いかにもキュウリって感じの香りで、しかも味が濃厚になっている。
ゆで卵も、卵白部分の弾力がまして心地よく、そして卵黄部分の味が幾分濃く感じる。

続きを読む

次にやりたかったこと「ワックス・残留農薬等の除去」

いやいや~、今日のメインテーマは今まで抱いていたけど、どうせムリだと決め付けていたこと。
生食をやってきて、その材料に使う野菜類の残留農薬やワックスを除去することは出来ないものかと考えていた。
それがかなり出来るようになったので、メチャクチャ嬉しいのだ~。

というのも、まめ蔵が歯根の病で腫れたせいで、目が飛び出しかかったことがあり、とても硬いものを食べられる状態ではなかったこと、そして、フードを食べさせていた頃に小豆がアレルギーを発症して全身ボコボコに腫れたことがある。
その二つが決定的な理由で、以前から聞いていた生食に切替えた。

つまり、調子が悪くても食べやすくて、そして例えるとフードをバラして自らが食材を選び、バランスを考え組みあわせることが出来る。
作り置きをすると次第に栄養価が下がるので大変だし、与えすぎないほうが良いものなどがあるから、悩むのは以前書いたとおりで…。

そして…、生食に切替えて添加物を避けることができて暫くは満足はしていたけど、そのバラした食材についているワックスや残留農薬、そして環境ホルモンを取り除けないことに、多少のイライラと諦めを感じていた。

しかも、日本や欧州では古来から使用されていたものを利用するだけのことだった。
内容については、公的機関の分析データも含めて本日の本編ブログの後半で。

080607-1.jpg

080607-3.jpg

080607-5.jpg

080607-9.jpg

続きを読む

カメラとレンズの相性、そしてまめ蔵&小豆のオヤツ

本日は、久々に晴れ渡った気持ちのよい朝。
080601-1.jpg

まめ蔵&小豆はとてもテンションが高く、散歩を満喫している。
でも気温が少々高く、直ぐに息が上がってしまう。
080601-2.jpg

少し日陰で一休み。
080601-3.jpg



そうそう、今まで気になっていたことなんだけど、今使っているカメラと、レンズの相性…。
レンズメーカーのHPでも公表されているのは知っていたけど…。
このレンズがカメラの連写に付いてこれない。

続きを読む

PageTop

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。