QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・レイクタウン

朝散歩をした後は、まめ蔵をゆっくり休ませてやったほうがいいと思い、私達夫婦は話題の越谷レイクタウンへ行ってきた。

なんと、東京ドームの何倍もの広さのショッピングモールらしい。

(中略)

081026-2.jpg

081026-1.jpg

081026-03.jpg

081026-4.jpg


続きを読む

スポンサーサイト

性格の遺伝と環境への適応反応(精神医学によると)

以前から、犬の性格は遺伝によるところが大きいと聞いていた。
いわれてみれば当たり前のような話だけど、以前から医学的根拠ってのを知りたかった。

金曜日に参加したビジネスセミナーの講師が世界標準レベルの精神科医師で、そのセミナーの中に答えがあったのでとても興奮して帰ってきたのだ~。

個別労働関係紛争専門の特定社会保険労務士の勉強を始める前に、もう一つ勉強してみたい分野がある。
過労自殺が社会問題となっている今、職場におけるメンタルヘルスを、医学的見地から体系的に学んでみたいと常々思っていたので、会社に参加をさせてもらったセミナーでもあった。


まさか、ビジネスセミナーで、犬について知りたかった臨床データを知ることが出来るなんて(笑)。

キーワードは遺伝子と環境ということらしい。
性格のどの部分が遺伝的影響を受けているのか、そして遺伝によって生まれ持った性格と、飼い主として子犬を受け入れた後の環境ってのをとても考えさせられた。




続きを読む

チャーシュー丼

本日は、朝起きたときの思いつきで、いつものドッグランへ~。

(中略)

081019-1.jpg

081019-2.jpg

081019-4.jpg

081019-5.jpg

081019-8.jpg

081019-9.jpg





続きを読む

朝日を浴びて~/ナチュラルなウ●コ

生活環境を見直すことが食事を改善ことと同じだけ大切だという。
我家も、どうしても食事の改善だけに目が行きがち…(汗)。

でもよく考えると、それらのことは犬の為でだけでなく、私達自身の健康管理に役立つことがとても多いことに気付かされる。

週末の早朝散歩は、彼らにとって最高に嬉しいらしい。
081018-0.jpg

081018-5.jpg


(中略)

081018-7.jpg


私達が子供のころに道端に放置されていた犬のウ●コにはハエが沢山集っていた記憶がある。

でも、我家でまめ蔵&小豆と暮らしてからは、道端に放置されているウンコの皆様におかれましては(笑)、沢山のハエがブンブン集っている記憶が殆どない。
いつまで経っても腐敗も分解もされないで、ただ風化して粉々になっていくだけの記憶がある。

今回のこの話題は完全に憶測で根拠がないのだけれど、もしかして完全に生食をしているまめ蔵&小豆のウンコはとてもナチュラルなものなのかな~って。
ってことは堆肥にもできるんだろうな~って。
スーパーで買ってくる私達の食材に「オーガニック」や「有機農法」って謳ってあっても、堆肥に化学物質が含まれていちゃあ、どうしようもないんだな~って。

(中略)

081018-10-2.jpg

081018-11-2.jpg



続きを読む

恒例、秋の軽井沢旅行(2日目)

軽井沢旅行2日目。


本日は2つもメインイベントがあるのだ~。


(中略)


081012-1.jpg

081012-2.jpg

081012-3.jpg

081012-5.jpg

081012-6.jpg

081012-7.jpg

081012-8.jpg

081012-9.jpg

081012-11.jpg

081012-12.jpg

081012-13.jpg





続きを読む

恒例、秋の軽井沢旅行(1日目)

いよいよ今年も恒例の軽井沢旅行~っ!!


ご夫妻と初めてお会いしたのは、4年前の秋の軽井沢の宿。
それ以来、毎年秋に同じ宿で合流するのが1年の中で最大のイベントとなっている。

昨年までは9月の定例だったのが、少し涼しい時期にズラそうということになり、今年から10月にしてみたけど、コレが大正解。

まめ蔵と同学年。
081011-1.jpg

(中略)

081011-2.jpg

081011-5.jpg

081011-10.jpg

081011-12.jpg

081011-15.jpg

さてさて今回のお宿、花闊歩さん。
4年連続で通っていると、「ただいま~」って感じ(笑)。

ここのイタリア料理は、オーナーの手間がかかっていて、とても心のこもったそんな素敵なもの。
それが嬉しくて、毎年毎年通ってきてしまうのだ~。
もともとは、ペンションではなくてオーベルジュをやりたかったというオーナーさんだからこそなんだろう。

081011-16.jpg




続きを読む

再・江戸の粋な酒屋

昨年も江戸下町にある粋な酒屋について書いたことがある。

かねゑ越前屋さんに、今年も久々に立寄ってきたのだ~。

お付き合いは彼是7年ほどになるだろうか。
間口が一軒で奥行きは約10メートルくらいの小さな酒屋さん。
問屋を一切介さないで蔵元との直取引を74蔵にまでに、自ら全国を歩いて増やしてきた。
今では酒コンサルや、全国の酒販店が勉強に来るほど。

我家で飲むための日本酒や、贈り物はここでしか購入しない。
もし同じ銘柄が近所で売られていても、この店でしか購入しない。
代引きも始めているとのこと。


日本酒は、本来ワインと同じくらいの文化があるといわれている。
現在は、昔ながらの製法に回帰している酒蔵が驚くほどあり、どれをとっても個性的な素晴らしいものが沢山ある。
とても芳醇な味や香り。
それらは、聞いたこともない銘柄ばかり。

かねゑ越前屋では、蔵元から直接送られてきた酒を、すぐに新聞紙でビンを包み、
①生酒はマイナス温度の地下倉庫で保管
②火入れ酒は、エアコンによって+17℃で保管
店舗内はガンガンにエアコンが効いていて、ここでも温度管理が徹底されていて、しかも店舗内冷蔵ケースも0℃設定。
そして店内照明のUVを全てカット。
モノによっては5年モノの生酒などもある。
ここに触発されて、最近はビンテージイヤーものを造る蔵元も出てきた。

たまたま有名になった銘柄があっても、プレミアム価格には絶対にしない。
そういうことが大嫌いな、消防団所属の神輿大好きチャキチャキの江戸っ子のご主人(笑)。
店内熟成させた年代モノでさえ、通常の価格でしか販売しない。

かねゑ越前屋
〒135-0022 東京都江東区三好1-8-3
TEL/FAX 03-3641-2190  e-メール ke-yf@myad.jp


そしてこれが、地元消費98%といわれるお酒。
(中略)

081010-1-2.jpg

081010-2-2.jpg

続きを読む

今年も始めました


いつもの風物詩で、まめ蔵&小豆は今年も一つのバリケンで同居を開始した。


081007-1.jpg

同居っていうよりも、小豆が完全に押しかけ女房(笑)。

コレが始まると、寒くなったんだな~って実感する風物詩。

まめ蔵 + 小豆 = 約55kg の重たいバリケンの中身(笑)。

まめ蔵がいない世界なんて想像がつかないってくらいに、小豆が甘えている。
私が焼きもち焼いちゃうくらいに、小豆は私達のこと以上にまめ蔵のことが大好き。

でも、まめ蔵も満更じゃなさそうだし、まめ蔵が小豆を誘ってリビングで運動会を始めることもあるし。


こんなまめ蔵&小豆の姿をみていると、一緒にしてやってよかったなってつくづく思う。

いつまでも、こんな何でもない日常が続いて欲しいと、心から願ってしまう。

続きを読む

雪遊びも決定~

3週間ぶりのこの公園。

朝の散歩では、だんだん秋めいてきたような気持ちのよいヒンヤリ感。

081004-2.jpg

まめ蔵の顔が白くなってきたのもあるので、まめ蔵&小豆が元気なうちに雪遊びをさせたいので、この冬は雪遊びを復活させることにした。

ん~、どこにしようか…。
先ずは高速道路の渋滞がそれほど酷くないところが最優先になってしまう。
そういえば、スキーシーズンの関越道は物凄いんだっけ…。
いろいろアドバイスを頂いて、私自身がスキー、カヌーやフィッシングで馴染みがあって、東北道で行けるところにすることにした。

まめ蔵&小豆が行き遊びをしたのは2006年の1月が最後。

関東では久々の大雪だった。
といっても、積雪15センチくらいだったかな?

それでもバセットにとっては深雪(笑)。

(中略)

081004-5.jpg

081004-6.jpg


081004-7.jpg

081004-8.jpg

081004-9-2.jpg


続きを読む

フープロ君入院

081002-1.jpg


熊本出張の楽しみは食べ物の購入!
それも自分の晩飯を想定して買ってくる(笑)。

081002-2.jpg

081002-3.jpg




さてさて、我家の11年選手のフードプロセッサーが壊れてしまった…(大泣)。

(中略)

081002-5.jpg

081002-7.jpg

081002-8.jpg



続きを読む

PageTop

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。