QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステロイドなしで自己免疫疾患の回復

降雪のためにフライトは少々遅れたものの無事帰着。
昨年、同じく空港難民になった方のお話では、私よりも1泊多く足止めを食ったとのこと。
昨年の空港難民の経験がトラウマになっている…。



さて、久々に丸ウズラを購入しまめ蔵&小豆に与えている。
まめ蔵の顎の調子がよくなく、鶏ガラや鶏頭の給餌には負担が大きく無理があったので、カルシウムのために丸ウズラも与えようということで。

100221-1-2.jpg

しかし、まめ蔵の顎への負担を減らすため、まめ蔵へは半解凍のものをスライス(写真省略:汗)。
それぞれウズラ3羽と、野菜ペースト&卵(2~3個)が我家の1頭あたりの分量。





さてさて今回は、咀嚼筋筋炎などの自己免疫疾患等が原因とされる疾患に対して、ステロイド投与の代わりに発酵酵素によって短期間で改善したという事例について。


毎日のようにバセ団子(笑)。
100221-5.jpg


そして、いつもトボケた顔しているまめ蔵。
100221-2.jpg


このまめ蔵は、フード時代においても、4年半続けている現在の完全生食においても、やはり持って生まれた体の特性についてはどうしようもない…(泣)。
だから、薬漬けにするよりも、いかに健やかに暮らせるかを考えている。


(中略:本文はパスワードブログで)





続きを読む

スポンサーサイト

ただいま北海道


毎年恒例の北海道出張に。


100218-1.jpg



昨年は大雪で空港難民に…。



(中略:本文はパスワードブログで)




続きを読む

本年も裏磐梯スノーシューハイキング(3日目)

さてさて、昨日に引き続き「裏磐梯スノーシューハイキング旅行」の3日目。

今回の記事は写真が30枚超にもなってしまいますがご容赦願います…(汗)。



目覚めてみると、昨年同様に最高のスノーシュー日和なのだ~。
ボリュームたっぷりの美味しい朝食を済ませ、1泊だけで少々残念だったけど宿を後にして、今回最大の目的である湖畔のスノーシューハイキングへ!!

今回のスノーシューハイキングの楽しみの一つは、ワンコ仲間ご一家とのスノーシューハイキング。
昨年同宿だったご一家で、今年もご一緒できればいいですねと言っていたのが実現できたのだ~。
100213-6.jpg


(中略:本文はパスワードブログで)



100213-7.jpg

100213-8.jpg

100213-11.jpg

100213-12.jpg

100213-13.jpg

100213-14.jpg

100213-15.jpg

100213-16.jpg

100213-17.jpg

100213-19.jpg

100213-20.jpg

100213-21.jpg

100213-23.jpg

100213-25.jpg

100213-26.jpg

100213-28.jpg

100213-30.jpg

100213-31.jpg




続きを読む

本年も裏磐梯スノーシューハイキング(1~2日目)

昨年に引き続き、今年も待ちに待った裏磐梯スノーシューハイキング。

昨年のスノーシューから1ヵ月後、まめ蔵が腰を痛めたときは、もう二度と来れないな…と落ち込んだんだけど、予後も順調で再び来れたことに感謝感謝。

裏磐梯に2泊3日した昨年と違い、今年は2月11日~2月13日の旅程で、妻の実家に1泊した後に裏磐梯に1泊の計2泊3日。

まめ蔵&小豆は母上とは面識があるのだけど、父上とは今回初対面。
しかし、孫のように可愛がってくれる父上に懐くのはあっという間で何の心配も要らなかった(笑)。
父上は、まめ蔵&小豆をかなり気に入ってくださったようで、バセットを飼いたいと言い出しているのだが…。

チェックインの前に、裏の凍結沼でひと遊びなのだ。

ということで、凍結して広大な貸切ドッグランとなる沼へ!

粉雪が舞って日が出ていなくても、小豆はいきなり全開で大爆走~。
100212-1.jpg

(中略:本文はパスワードブログで)



100212-2.jpg

100212-3.jpg

100212-4.jpg

100212-5.jpg

100212-6.jpg

100212-7.jpg












続きを読む

PageTop

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。