QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気を引き締めて



今回は社労士ネタのため、全文をパスワードブログにて
  
パスワードはメールフォームからご相談ください。
スポンサーサイト

特別セミナーin東京/愛犬と幸せに暮らすためにできること

食餌が終わると、マッタリモードに入るまめ蔵&小豆(笑)。

100620-3.jpg



本日も、妻が本村伸子先生のセミナーに参加してきてくれた。


で、生食仲間から、まめ蔵をご心配いただき、なんと「梅酵素」を頂いた!

100620-1.jpg

以前勉強会にお誘い頂いたのにも関わらず、予算的な都合で辞退をしてしまったのに…(汗)。
この場をお借りして、心より御礼を申し上げます!


さてさて、先ずはセミナーの案内から抜粋


今回の特別セミナーは、食事内容を含めた犬の健康管理に的を絞った話となります。犬たちの健康を守るためには、生活のあり方をまず考えることが大切です。食事がどんなに良くても、ストレス(肉体的・精神的)をため込むような生活をしていては、健康を手に入れることはできません。日頃どのような生活を送っているのか?考えてみる良い機会になると思います。愛犬の健康について別の視点から考えてみたい方は、ぜひご参加ください。

内 容   :食事&生活について
使用テキスト:「愛犬と幸せに暮らす健康バイブル」(ペガサス)

100620-2.jpg



この最新版書籍をテキストとして使ったセミナーは、今回が初めて。

やはり、参加し続けることによって、常に新しい情報をいただけることがありがたい。
今回、特に興味深かった内容は、加熱食と白血球のトラブルとLGSとの関係。

そして、一度に与える野菜の種類は少なくて良い事なども、目からウロコの情報なのだ。

これからは、従来以外の都市でもセミナーを開催してゆくということなので、もっともっと理解者が増えてくれるといいなと思う。





(中略:本文はパスワードブログで)



続きを読む

徐々に夏が近づいて

ゴールデンウィークに植えたゴーヤの株。
ちびゴーヤが出来始めたのだ~。
良質なビタミンCを得られるので、もちろん私達も食べるし、まめ蔵&小豆たちも。

100613-1.jpg



で、ナスとピーマンも植えたのだけど、小さなちびピーマンが。

100613-2.jpg

もちろん犬の個体差や植物の種類毎の差もあるけど、ナス科は成分的にできるだけ犬には生で与えないほうがいいといわれているので、我家ではまめ蔵&小豆には加熱・非加熱に関係なく、無理に与えていない。
つまり私達の食料なのだ~(笑)。



ゴーヤを庭のあちこちに分散させて全部で4株を植えたんだけど、その他に、昨年自然破裂して撒き散らされたゴーヤの種までもが、一箇所で5株も発芽してしまい、間引きしないとマズイかな…って状況に(汗)。

100613-3.jpg

多分、今年の夏は毎日ゴーヤを消費しなければならないかも(笑)。




さてさて、ゆっくり起きた今日の朝は、ノンビリ公園散歩。
もう紫陽花も咲き始め、きょうから雨が続くということで、いつの間にかそんな季節になっていたんだね。

100613-4.jpg



お陰様でまめ蔵は、まだまだステロイドを止められない段階だけど、ものすごく元気で過しています。

ただ今朝の散歩は、暑くて湿気が多いせいか、そしてまだ体力が回復していないせいか、ダラダラとした散歩…。



(中略:本文はパスワードブログで)




100613-5.jpg

100613-6.jpg

100613-7.jpg

100613-8.jpg




続きを読む

ランチョン&セミナー/著書[ペットを病気にしない]の問題点を考える&レクチン情報

まめ蔵は、どこの調子が悪いのか分らないくらいに元気が回復している。
ご心配くださいました皆様へは心より御礼を申し上げます。


ただ、まめ蔵については、ステロイドのせいで飲水量と空腹感は物凄い(汗)。
頬やコメカミの辺りの筋肉は相変わらずなので、病気が治ったのではなくて、痛みが抑えられているだけ。
自己免疫疾患というのは本当に怖い…。
ここで気を抜かずにじっくりと治したいと思うので、長期の投薬の方針は変更せずで(泣)。


小豆は、まめ蔵にべったりするのを再開(笑)。
そして、ちょっとやそっとでは痛がらなくなったまめ蔵のおかけで、小豆は以前のように明るく、そしてワガママでお転婆な娘に戻ってきた。
やっと以前と変らない日々が戻ってきた。
本当に本当によかった。



さてさて、本日も妻がセミナーに参加してきてくれた。

まずは、セミナー案内の抜粋から



第7回ランチョン&セミナー
~著書「ペットを病気にしない」の問題点を考える&レクチン情報~

好評のポレポレクラブによるランチョンセミナーも今回で7回目となります。
「ペットを病気にしない」(宝島社)が世に出て早や10年。読み返してみれば、間違った箇所がたくさんあることに気付くことでしょう!
10年前には正しかったことが、年月を経れば間違いにもなります。第7回目のセミナーは、著書の中で特に大きな間違いのあったポイントに絞って話をします。
さらに、前回のランチョンセミナーで話しきれなかったレクチンについての情報もお話をします。様々な食物に含まれるレクチンは、自己免疫疾患やアレルギーなどと関連性があることが分かってきています。
レクチンとは何なのか?どのようにすれば有害レクチンから動物たちの身体を守ることができるのか?他では、聞けない内容です。
知っておくと得をする情報満載の今回のランチョンセミナー。
おいしい地中海料理も楽しい会話とともにご堪能ください!



※現在は、残念ながらポレポレクラブの会員募集は行われていません



100605-1.jpg
2000年5月に発行された本村伸子先生の最初の書籍。
時が流れるにつれ、新しい学会情報によって、当時の情報が現在の間違いになるということがある。
今回のセミナーは、過去の記述を現在の情報と比較するという面白いものだったとのこと。
「一度本で学んだからもういいや」とか、「一度セミナーに参加したからもういいや」ではなく、常々最新情報を追いかけなければならないと。

また、合成ビタミンC(アスコルビン酸)の具体的な有害性、日本の殆どの情報では有用だとされている実は有害なレクチンの情報などなど、今回も非常に興味深い内容だったとのこと。



(中略:本文はパスワードブログで)





続きを読む

PageTop

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。