QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい知らせ



21日の朝、我家にとってとても悲しい知らせがありました…。
なんとも言葉にできない悲しみです…。

我家の気難しい小豆のお姉さん的な存在だったので、
そして、近所だからいつでも会えると思っていたので、
もっと一緒に遊んでもらえばよかったと、
とても大きな後悔と喪失感があります…。

ボルゾイの真音ちゃん。
とても優しく、美しい子でした。
12歳まであとほんの少し…。
110322-1.jpg

我家が今まめ蔵&小豆を失った時、
どうしようもないくらいに後悔をしてしまうだろうと思うくらいに、
我家が叶わないくらいに、一杯の愛情を注がれて、
沢山の思い出を作ってもらえたと思います。
それでも悲しくて、寂しいです…。



思い出の写真を紹介させていただきますね。


男の子であるまめ蔵は、女の子に遠慮しちゃっているので、
やはり微妙な距離が…(笑)。

110322-2.jpg


でも、女の子同士で気が合ったのか、
年上の真音ちゃんが、頭の幼い小豆に手を挿し伸ばしてくれたのか、
思いっきり遊んでくれたのは、見ていてとても微笑ましく、
背がチビっちゃい小豆が、真音ちゃんを精一杯追いかける姿が楽しかったです。

110322-3.jpg


どうやっても、小豆なんかじゃ追いつけないスピード(笑)。
小豆なりに、必死に追いかけてはいるのですが…。

110322-4.jpg

110322-5.jpg

110322-6.jpg


本当に本当にありがとう。


スポンサーサイト

無事ではあったのですが…

先日の記事で書いた友人達の他、
妻の幼馴染みの仲良しだった人も含めて、
奇跡的に難を逃れたりで無事がわかりました。
本当に本当によかったです。
まだ避難所生活、体調を崩さないよう心配しております。

しかし、いつもお米を送ってくださったいた農家の方が、
残念ながら最悪の結果となってしまいました…。
こころよりお悔やみを申し上げます。

妻の実家では、市内で沿岸部に比べれば大きな被害ではないですが、
妻の父は不眠不休で復旧作業に出ているようです。

心臓が良くないので、とても心配しております…。

とりあえず、ここ最近のご報告まで…。


みなさん大丈夫ですか?安否が心配です。

昨日、ありえないことが現実に起きてしまいました。

お亡くなりになられた方々には、心よりお悔やみ申し上げます。

気仙沼の大学時代の悪友、仙台の友人社労士とは未だに連絡が取れません…。
とても心配です。


昨夜は鉄道の復旧の目処が立たないということで、
我家は早々に歩いて帰宅をしました。

もし関東の直下型ならば、橋は落ちているだろうし、
瓦礫の中を歩くとなると、おそらく帰宅はできなかったでしょう。
阪神の震災時に、瓦礫の道を歩いたことを思い出しながら帰宅していました。

弟が途中までまで車で迎えに来てくれたので幸いでしたが、
弟の家のブロック塀が全て倒れてしまったにも拘らず来てくれたことに深く感謝です。


今回の小豆については、1ヶ月前からずっと夜中に遠吠えが続いていたので、


(中略:本文はパスワードブログで)

続きを読む

まめ蔵、お陰様で9歳の誕生日

まめ蔵の昨年はいろいろ大変だったけど、本日お陰様で無事に9歳の誕生日!

ひな祭り生まれの男の子(笑)。


こんなにも顔が真っ白になってしまったけど、元気一杯に戻ることができたし。

110303-1

まめ蔵を迎え入れた時は、バセの寿命って8歳らしいと聞いてとても悲しくなったけど、
もっと高齢で現役バリバリの先輩バセ達がいるのを見ると勇気付けられる。

まだまだ元気一杯、グイグイ引っ張る力も物凄いしね(汗)。
まめ蔵は、歳を重ねるごとに生意気さが抜けて、
ここ数年は「僕は」という感じのキャラクターに徹して甘えてくる。
もっとっもと永く一緒に暮らしたい。



メッセージの上書きにも頑張っているし(笑)。

110303-2


バセの圧倒的な得意技の「匂い追跡」も健在だし(笑)。

110303-3


ただ…、お転婆な小豆にはいつも圧倒されっぱなし。

110303-4


でも、散歩中に小豆をつれた妻と、まめ蔵をつれた私が別行動をすると、
以前は小豆がフガフガいって落ち着きがなくなってしまったけど、
今ではまめ蔵が「小豆はどこ?」って気にかけている。

とてもいいコンビになってくれたと思う今日この頃。



PageTop

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。