QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まめ蔵、リハビリで自然公園散歩を開始

お陰様で、抗痙攣薬、GABAサプリ等のお陰か、
とても順調に回復しているというか、非常に状態が落ち着いております。

沢山の励ましや応援を頂き、皆様には心から感謝です。

あの突然の発作から約1ヶ月。
抗痙攣薬の座薬をポケットに入れ、勇気を出して1ヶ月ぶりに自然公園へリハビリ散歩に行ってきました。

120624-1
まめ蔵が緊急入院したとき、ヤツはもう二度と我家に帰って来れないだろうと覚悟したし、ましてや二度とヤツの大好きなこの自然公園で遊ばせることは無いだろうと思っていましたので、この光景は感慨深いですね。
とくにこの写真は泣けてきちゃいます(汗)。

安静にしていた1ヶ月という時間は大きく、たった半周するのにも疲れちゃっていましたが、幸いにも発作が起きることも無く、小豆と楽しんでくれたようです。
120624-2

他にも沢山の写真を撮ったのですが、ぜんぶここで紹介するのは大変です(笑)。

この土日で、久々にお会いする方々にも、まめ蔵の1ヶ月振りの理由を説明して歩いていました。
特に、公園の管理スタッフの方々が、まめ蔵&小豆をとても可愛がってくださるので、当然に報告は必要ですもんね。

ご心配や応援をしてくださった皆様には、心から感謝いたします。


ちにみに、本日はまめ蔵の状態確認のために定期健診で動物病院へ行ってきました。
動物病院の待合室での光景ですが、病院で里親募集中のチビニャンコ、小豆のお尻と尻尾で遊んでます(笑)。
120624-3


ではっ!



スポンサーサイト

犬と地震予兆の関係について研究されているんですよね

120610-1
庭で異常に成長してしまったパセリに食らい付いている小豆です(笑)。
一番新鮮な状態なんでしょうね~。



2007年7月に気付いたことですが、これまで殆どブログでは触れないようにしてきました(汗)。

某大学の獣医学部の教授が、犬と地震予兆の電磁波の関係について研究を進めていらっしゃることが、ここ最近ニュース等で報じられていることをご存知の方もいらっしゃると思います。

元々は、阪神大震災の前の動物の異常行動に関する、大阪大学の教授(故人)や、大阪市立大学の教授(故人)の研究に源流があるものと思われます。
120610-2



これが無かったら、いままでの小豆の行動をブログに書いても、更に頭のおかしな人と思われるかと思って(汗)、ほぼ封印してきた次第です。
例えば、中越地震の前2週間は、ほぼ毎晩遠吠え等していたことや、東日本大震災の前1ヶ月間は、ほぼ毎晩遠吠え等をしてたので…。
それ以降の地震については記録をつけているのですが、やはり一定以上のものについては同様です。

ここ最近の詳細な記録については、このパスワードブログ記事の後半にご紹介しますね。

で、小豆が遠吠えをするときは、「自宅」が「震度3以上」で揺れることがことが非常に多く、それ以下の地震については全く知らん顔だったり…。




続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。




神様から頂いた「おまけ」時間を大切にしたい

お陰様でまめ蔵には神様から「おまけ」の時間をいただけたようです。
今まで以上に、時間を大切にしたいなと強く思う次第です。

ここ最近は、殆どフェイスブックで日々の経過を書いてきたのですが、
大よその目処がついたので、ブログにまとめたいと思う次第です。


本日の写真ですが、お陰様で、
こうやってご飯をワクワクしてくれるくらいに元気も復活。
1 ご飯待ち

約2週間前の5月27日の早朝に、生まれて初めての癲癇発作を2回、その夜に1回の発作を起しました。

その翌日の5月28日には早朝から短時間に3回の発作、そしてその3回目は発作継続して治まらない常態に。

つまり、初めから短時間で再度発作を起す断続発作、そして、一つの発作が終わる前に次の発作が起きる重積発作と、命の危険が迫っている状況でした。

その後は、興奮が醒めずに1日20時間程度も不眠不休で歩き回ることもあったりしましたが、癲癇発作から約2週間が経過し、その後はサプリメントケアも含めて劇的に回復。

ただ、今回はあまりにも体に負担がかかりすぎたようで、数日前から、7年来再発を繰り返している「顎痛、第三眼瞼上昇、眼球突出」も…。

でも今回、執念の調べモノで、第三眼瞼上昇&眼球突出がなんの疾患かを突き止められました(笑)。
「頬骨腺粘液嚢胞」ではないかと思い、先生に本日相談しました。
やはり疑わしいらしいですね。でも、これは眼科専門獣医師で無いと確定診断は出来ないと。
7年間モヤモヤしていたものが判ってきたので、やったぜ~という満足感と、これからのケアの新しい方針を考えることが出来ました。

でもね、7年ほど前に行った眼科専門動物病院、4人の獣医師がそろって脳腫瘍の可能性があるから頭を開きましょうといわれたことに、いまだに不快感が残っているんですよね…。まあ、もう忘れたほうがいいですね。


以下、本日病院へ持っていた経過の報告と、これまでのFBの記事の転載を交えて。
これは今後のための記録でもあります。




続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。



PageTop

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。