QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニ対策のガーリックを改めて調べてみた

くどいけど、ちょうど写真が取れたのでご紹介。
前回書いたゴーヤは、放っておくとこんな感じに爆発したようになる。

実際は爆発ではなく、次から次へと裂けて実が落ちてゆく感じ。

090906-1.jpg

そして、実が大きくなる前に熟してしまった「ちびっ子ゴーヤ」。
いくら夏が短かったとはいえ、これはないだろうって感じ(笑)。
これは割らずにフードプロセッサで、まめ蔵&小豆のご飯に入れてしまった(汗)。

090906-2.jpg




さて、遊ばせれば遊ばせるほど、呼戻しがほぼ完全になってくることに感動している日々。
先生曰く、躾が入れば入るほど犬は自由を与えられるという。
もっと早く私達がその言葉を理解できていたなら…、もっと若いうちからまめ蔵&小豆をノビノビとさせてやれたのに…(泣)。

しかし、一人でパトロールを楽しんでいるまめ蔵に大して、物凄く怖~いオーラを出しまくりで見つめている小豆(汗)。
まめ蔵は思いっきり尻尾を振って、小豆のご機嫌をとっている(笑)。

090906-3.jpg




そしてイライラした小豆に難癖をつけられている…。

090906-4.jpg


時どき、小豆に気を使いすぎているまめ蔵が不憫でならないのだ(笑)。


実は鶏ガラの取り合いでつい先日大喧嘩した二人。
この時、まめ蔵が本気モードだったので、小豆はタジタジ…。

しかし、普段のまめ蔵は小豆に譲りっぱなしで、小豆にタジタジなのだ~。



5歳のオバハン小豆、8ヶ月の女の子と走りまくり(笑)。
流石に体力の差が…(汗)。

090606-6.jpg



一通り遊んだあとは、マッタリと時間が流れてゆく~。

090906-5.jpg


さてさて、本日の本題。

以前から何度かご紹介している我家のダニ対策はハーブエキスのスプレーかガーリックサプリメント。
今までは、特にハーブスプレーのことばかり書いてきた記憶がある。


で、今回はガーリックについて。


プックリと太った状態で噛み付いているダニを見つけたときには、そのハーブスプレーでポロッとダニを落としていた。

で、いかにもダニが付いているような掻き方をしているけども、ダニを見つけられないときにはガーリックサプリメントを与えるときがある。
すると、偶然かもしれないけど、1~2日後にはプックリしたダニが床に落ちていることが…(笑)。
やはりダニたちが嫌いな匂い(硫黄分)が効いているせいかは判らないけど、野山へ行くときには予防でガーリックサプリメントを与えたりすることもある。



我家が書籍やセミナーでお世話になっている先生は、適度にガーリックを利用することを勧めていらっしゃる。
我家も後述の通り、ガーリックをその時どきにあわせてガーリックをサプリメントを利用している。

しかしながら、未だにガーリックは犬にはタブーな食品としている書籍等も多々ある。


ガーリックの賛否両論があるのは何故なんだろうと以前から気になっており、今回少々調べてみた。
それによって、ガーリックは溶血性が少ないという理由は何となく判ったような気がする。
でも、これは個体差もあると思うので、やはり要飼主判断かもしれない…(汗)。



(中略:本文はパスワードブログで)



続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。


【お詫び】
特定の「たった一人」の悪質な誹謗中傷のため、本編ブログ(Main Storyブログにパスワードをかけることになってしまい、以前からブログにお越しいただいていた方々には、Headlineブログに於いては、全ての情報をお伝え出来なくなってしまって心苦しいです…。


関連記事

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。