QLOOKアクセス解析
無料 アクセス解析インプラント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まめ蔵の涙

一時は、大声を出して泣き出したい気持ちも、
気持ちの整理が徐々に付いてくると、
悲しいけど涙を堪えられるようになりました(笑)。


先ほど、まめ蔵との面会から帰宅しました。
おそらく、明日はまめ蔵とのお別れの可能性が高いと思います。


副院長先生は、勤務時間が終わっているにも拘らず、
私達の到着を待っていてくださりました。


そして私達よりも先に、先生がまめ蔵のために泣いてくださりました。
弟の愛犬「健太」が亡くなった時も、先生はないてくださりました。

本気で向き合ってくださるこの先生には、心から感謝しております。
私も国家資格で仕事をする者として、先生を見習ってゆきたいと強く思います。



まめ蔵は、前回と同様に沈静薬がとっくに切れているはずなのに、
今回もなかなか目が覚めない…。

というか、ほぼ昏睡状態のようです。前回もそうだったのかもしれない。

ただ、前回と違うことは、先生のご提案による追加治療によって、
鎮静剤が切れることによる痙攣の再発はないということ。
これだけでも、苦しませない状態になったのでホッとしました。


私達が病室に到着するやいなや、まめ蔵はこん睡状態にも拘らず、
彼の薄っすら開いた目からは、涙が何度もポロポロこぼれだしました。
これには先生も物凄く驚かれていました。



続きは本編ブログ(Main Stories)で。
パスワードはメールフォームからご相談ください。





関連記事

プロフィール

Two Beans

Author:Two Beans
Home (トップページ)

ポンコツランドクルーザーと犬を愛する特定社会保険労務士。
海外では一般的になっている生食。
それをこの上なく愛するバセットハウンド2頭との ゆったりとした日常を満喫中。


2005年8月に、まめ蔵の歯のトラブル、小豆の皮膚トラブルを切っ掛けに食事を生食に完全移行。

book_profile.jpg
この書籍の関連記事はこちら

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<ご注意>
生食などのナチュラルケアやホリスティックケアは、書籍やセミナーなどでの十分な下調べか、実践されている方からのアドバイスを受けてから始められたほうが良いと思います。
疾患がある場合や個体差によっては、我が家と同じメニューによって、貴殿の愛犬に重篤な健康上のトラブルが発生することも考えられますが、当方では一切の責任を負いかねます。
必ず自己責任でご判断ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【まめ蔵】
トライカラー
2002年3月3日~2012年8月24日
オトボケで年上の甥っ子。
平和をこよなく愛する男。
まめ蔵の祖父が小豆の父。
約28.4kg。
(08年8月30日現在)

【小 豆】
レモンカラー
2004年4月26日生まれ。
じゃじゃ馬甘えん坊で年下のオバ。
まめ蔵に甘えすぎ。
小豆の父がまめ蔵の祖父。
約26.7kg。
(08年8月30日現在)
食餌などのナチュラルケア・ホリスティックケアでアレルギー克服済み。

THE_DOG.jpg
カレンダーの撮影風景はコチラ


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
当サイト内の文章や写真の無断転用はご遠慮下さい。当サイトにリンクされる場合は、必ずメールにてご連絡ください。また、当サイトにはアクセス解析を設置しておりますので、ご了承願います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
再び「特定の者」からの誹謗中傷、風評の流布等があった場合、前回と同様に県警「ハイテク犯罪対策室」、住所地管轄警察署及び行為者の住所地管轄警察の「ハイテク犯罪担当者・知能犯罪担当者」に各種情報を添えて通報させて頂きます。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公共の場所でのマウントや糞放置などのマナー違反、過剰なワクチン接種・投薬が無くなる事を切に願う今日この頃。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。